〒020-0133 岩手県盛岡市青山2-6-20

デンタルスクエアもりおか青山のマタニティ診療|盛岡市青山の歯医者

マタニティ診療 MATERNITY

マタニティ診療について

妊娠中はお口のトラブルが
生じやすい時期です

妊娠中はつわりやホルモンバランスの変化によって、お口のトラブルが生じやすくなっております。なかには、むし歯や歯周病を発症するかたも少なくありません。当院は妊娠中の患者さんが安心できるように、体調に配慮した歯科検診を行っております。歯やお口の痛み・出血などは、お気軽に当院までご相談ください。

こんな場合はご相談ください

TROUBLE

  • 歯が痛む
  • 歯や歯ぐきから血が出る
  • つわりで歯みがきができない
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 口臭が気になる
  • 妊娠中に治療したい
  • 食べづわりである
  • 妊婦歯科検診を受けたい

当院のマタニティ診療

妊婦さんが通いやすく
安心できる院内環境

当院は、妊婦さんが通いやすく落ち着いて過ごせるように、院内の環境整備を心がけております。妊娠中から歯科治療に取り組むことは、お母さん自身の歯とお口の健康を意識するだけでなく、これから産まれてくる新しいご家族の健康にもつながります。ご家族の皆さんが将来的に健康なお口でいられるように、ぜひご夫婦・ご家族でご来院し、定期的なメインテナンスを行いましょう。

妊娠中におきやすい
トラブルについて

むし歯・歯周病

妊娠中は吐きづわりや食べづわりなどの体調変化や、女性ホルモンの影響による唾液分泌量低下などが起こります。その結果、むし歯や歯周病などのお口トラブルを発症しやすくなってしまいます。そのため、体調が落ち着いた頃に歯科検診を受け、適切に治療することが大切です。

妊娠性エプーリス

妊娠初期から中期にかけて、歯ぐきの腫れや痛み、出血が伴うコブ、しこりなどができる状態を妊娠性エプーリスといいます。原因は、妊娠による女性ホルモンの変化です。放置すると歯周病を誘発する可能性があるため、心当たりがあるかたは歯科検診でくわしく検査することをおすすめします。

妊娠性歯肉炎

つわりや女性ホルモンのバランス変化により、歯ぐきの腫れや痛み、出血などの症状が現れた状態を妊娠性歯肉炎といいます。これらの症状を治療せずにいると、歯周病リスクを高めることになります。ですので、なるべく早めに歯科検診を受けていただくことをおすすめします。受診すべきか判断に迷う場合は、お気軽にご相談ください。

妊娠中の受診について

当院では、妊娠中のお母さんが不安なく処置を受けられるようにサポートいたします。
ご希望やお身体の状態に合わせた適切な診療をご提供いたしますので、
気になることがございましたらお気軽に当院までお問い合わせください。

1 妊娠初期

妊娠初期(妊娠4ヵ月頃まで)は、母体が安定しておらず、つわりによる体調不良も起こりやすい時期なので、休息を優先し、体調が落ち着いてから歯科検診を受けていただくとよいでしょう。なお、歯の痛みや腫れなどの症状がございましたら、妊娠初期でもご相談ください。

2 妊娠中期(安定期)

妊娠中期(妊娠5~7ヵ月頃)は安定期に入り、ほとんどの歯科治療が受けられます。むし歯や歯周病治療は、この時期に行いましょう。ただし、長時間の治療は負担がかかるため、無理のない範囲で行うことが大切です。当院では安定期の間に治療が終わるようにサポートします。

3 妊娠後期

妊娠後期(妊娠8ヵ月以降)はお腹の赤ちゃんが成長し、長時間の仰向け姿勢が難しくなります。また、妊娠後期は使用できない薬剤もあるため、痛みや腫れなどの急性症状に対して応急処置を行う程度にとどめます。本格的な治療は出産後に行いましょう。

よくあるご質問

妊娠中にお薬を飲んでも大丈夫でしょうか?

妊娠中のお薬の服用は、かかりつけ医とご相談いただくことをおすすめしております。当院では、お母さんの体調やご要望に応じて、必要と判断した場合にのみ、妊娠中に使えるお薬を処方することがございます。

妊娠中にレントゲン撮影はできますか?

当院では、必要な場合を除いてレントゲン撮影を行っておりません。レントゲン検査以外に、歯科医師による問診や、むし歯・歯周病の重点的なチェックを行うことで、適切な治療へとつなげてまいります。

麻酔の注射は赤ちゃんに影響がありますか?

歯科治療の際は、主に局所麻酔薬を使用しております。一般的な全身麻酔よりも薬剤の使用量が圧倒的に少ないため、赤ちゃんやお母さんへの影響はほとんど心配する必要がないといえます。